忍者ブログ

マジックナンバー

彼と時間を共有するぼくは、彼の何を知り得るのだろう

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

VisualStudio2010でLuabindを使用してみる

ゲームをいきなりDirectXで作るのはやめた方がいいよとアドバイスをもらったので DXライブラリを使用して作ってみようと手さぐり中。。。
せっかくなのでLuaというスクリプト言語と、C++を組み合わせた使い方も勉強しようと思い立ったのですが・・・
いざ、コンパイルしようという過程で、いろいろ詰まったのでココに書いておこうと思います。

今回使用したバージョン
Visual Studio 2010
Lua 5.1
luabind 0.9.1
boost 1.50
今回はこれらのバージョンを使ってみました。

C++とluaを連携させるにはいろいろやり方があるようですが・・・
よくわからないのでluabindを利用してごちゃごちゃやるつもりです
boostがないとluabindは動かないらしいので boostはバージョン1.50を利用します。
あと、Luaがインストールされている必要があるみたい。
[プロジェクト(P)]から[プロパティ(P)]を選択してプロパティページを開く
「構成(C):」を「すべての構成」に変更

[構成プロパティ]-[C/C++]-[全般]
「追加のインクルードディレクトリ」に
 ●(boostのインストール先)
 ●(Luaのインストール先)\include
 ●(luabindのLicenceがあるところへのパス)
を追加

[構成プロパティ]-[リンカ]-[全般]
「追加のライブラリディレクトリ」に
 ●(boostのインストール先)\lib
 ●(Luaのインストール先)
を追加
※追加のライブラリディレクトリにLuaへのパスを入れなくてもコンパイルは通った。が、念のため追加しておく

[構成プロパティ]-[リンカ]-[入力]
「追加の依存ファイル」に
 ●(Luaのインストール先)\lib\lua5.1.lib
 ●(Luaのインストール先)\lib\lua51.lib
を追加

luabindのsrcフォルダにある、拡張子が.cppとなっているファイルをすべてプロジェクトに追加
VisualStudioなら.cppファイルを選択してソリューションエクスプローラーにドロップすれば楽に追加できます。

プロジェクトのフォルダに
 ●(Luaのインストール先)\lib\lua5.1.dll
 ●(Luaのインストール先)\lib\lua51.dll
をコピーする。
これらのdllをコピーしないとexeが起動できない様子。


これでC++のコンパイルは通った。
まだ実際にLuaでプログラムを組んでいないので、後でいろいろ試してみようと思う。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name
性別:
非公開
自己紹介:
浅学非才の若輩者ですが、がんばります!

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[05/24 NONAME]
[05/24 NONAME]
[12/08 NONAME]
[11/27 みかき]

ブログ内検索

P R